オフィスBAN シニアライフの専門家(伴 行恵) 老後の生活設計を活用してもっと幸せな人生を送る伴走者

シニアライフの専門家 伴 行恵

こんな方は特にご注意ください。

シニアライフの専門家 伴 行恵

私は、老後の生活設計を活用して
もっと幸せな人生を送る
支援をしています。

オフィスBANの強み

これからのシニアライフは自分でデザインする時代です。

エンディングノートの活用

高齢化社会の今、無料の各種セミナーや相続相談会や遺言相談会に参加されるシニアの方々も
年々増加傾向にあります。ただ、聞いただけ、資料をもらっただけで安心してしまっていませんか?
実際に動かない限りは何もかわりません。自分から意識を変え主体的になることが大きなポイントです。

自分から意識を変えるお手伝いをするため、私はエンディングノートを使っています。

私がお勧めするエンディングノートの使い方は主体的に想いや希望を整理していただくことです。
遺言でも相続でも財産整理だけが目的ではありません。そういったものを整理し、見える化し、
心配の種を減らすことで、一刻も早く、バラ色の人生にむけてスタートしてほしいということが目的です。

不動産知識を活かしたシニアライフ設計のお手伝い

最大の強みは、不動産知識のあるファイナンシャルプランナーであり、不動産から福祉、
介護までシニアライフの女性の専門家として幅広い知識と経験と人脈を揃えている点です。

老後の生活設計を活用してもっと幸せな人生を送る伴走者

を目指しています。

提供しているサービスはこちら

エンディングノートの家庭教師

1回2時間¥10,000

「買ってはみたものの書いていない。。。」「持つことで安心してしまっている。。。」
そんな方に対して1対1で気楽に会話しながら書き方や必要な項目のポイントをお伝えすることでエンディングノートを完成させていくサービスです。

頭で考えてることを書き出すことは容易ではありません。そこを会話の中で引き出し、整理いたします。
ご希望であれば録音し音声での記録もいたします。
エンディングノートは現状把握の道具であり、人生の棚卸しの道具です。
シニアライフの設計図を作成していきます。

肩の荷が降りたように気持ちがすっきりし、そこから人生がもっと楽しくなるきっかけを作りましょう。

シニアライフサポート

人生の棚卸しをして見えてきた課題を支援いたします。
やり残した事のお手伝いをすることで気持ちを楽にするサービスです。

などといったやり残した事、気になっている事を一緒に行動していきます。

シニアライフサポートはご相談内容によりお見積もりさせていただきます

お客様の声

エンディングノートの家庭教師を受けたお客様

鈴木貴子さん(仮名)/55歳

昨年、両親を相次いで看取りエンディングノートの必要性を実感していました。
しかし、エンディングノートをつけたいっていう想いはありましたが、なかなか自分で取り組めていなくて、、、億劫になっていました。
だからこそ、伴さんにお願いしました。
一つ一つ話を聞いてもらいながら、進めてもらったので、すぐにエンディングノートが埋まり、自分では気付けていないところも引き出してもらったので、自分の人生がより明確になりました。

プロフィール

シニアライフの専門家 伴 行恵

オフィスBAN

シニアライフの専門家 伴 行恵

丙午(ひのえうま)生まれ
息子2人
神奈川県川崎市 在住
茨城県東海村 出身
大妻女子大学 家政学部 被服学科 卒業

所有資格:

相続士
ファイナンシャル・プランニング技能2級
福祉住環境コーディネーター2級
宅地建物取引士

趣味:

プール・ジム・サッカー観戦

好きな食べ物:

ミルクフランス
小倉トースト(自家製あんこを作ってました)
レーズンくるみパン

活動実績

セミナー実績

タイトル例

その他の活動

オフィスBANの想い

私の働き方を変えたお客様

「生活を豊かにする仕事がしたい!」と思った私は大学を卒業後、不動産業界に飛び込みました。そこで出会った60代のお客様の事は今でも忘れません。
そのお客様から、老後の資金を確保するために自宅の売却をしたいというご相談を頂いていました。

ご自宅は、9000万円前後での資産価値。それを売って老後の貯えを確保しようという計画を立てていました。
が、時はバブルが崩壊し始めの頃・・・みるみる状況が変わっていき、当初希望されていた希望売却価格では到底売れない状況となっていました。
お客様には、何度も状況はお伝えしていたのですが、聞く耳を持って頂けず、私は無力さを味わうばかりでした。
さらにはご自宅も売れない状況で、住み替え先のお部屋を先に購入してしまう事態に・・・。

結局、ご自宅は価格を大幅に下げ、5,200万円でなんとか買い手が決まり、落ち着く事となりました。
しかし、これでは老後の資金を確保することができないという、最悪の事態となってしまいました。
心労ばかり経験した半年で、お客様が「夜、寝れないんだ。心臓も痛い」と私にぼやいた言葉は、
今でも忘れません。

その時私は、迷えるシニアに寄り添い伴走することで、
豊かな老後を送る手伝いがしたい。
そう強く想い一念発起。シニアライフのサポートをする専門家として、
多くの人の人生を支えることが私の使命です。

伴 行恵

お問い合わせ

伴 行恵までお電話ください

お電話

070-6994-9517

しつこい営業は一切致しません。お気軽にご相談ください。
(シニアライフ専門家 伴まで)

オフィスBAN

〒162-0022 東京都新宿区新宿2-12-13 新宿アントレサロンビル2F

メールはこちら 資料ダウンロードはこちら オフィスBANの不動産情報